本文へスキップ

関東を中心とした日帰り温泉レポート

タオル一本あれば今日から温泉仲間!

不老山薬師温泉(安房自然村)


温泉道中日記

千葉県の山に木材を視察に、仕事はここまで!ではお決まりの温泉へ。

「今日はどこの温泉に行こうか?」と、パルパル大先生とウル隊長。

「館山に洞窟の中にお風呂がある温泉があるそうですよ」。
と、お二人をお誘いしました。

「館山か〜ちょっと遠くない、
まだ、ここから車で約1時間以上は走ると思うけど、でも洞窟の中のお風呂いいね!」
と、パルパル大先生。

「では行きますか」と、3人の気持ちが一致しました。

と、言う事で洞窟の中にあるお風呂へ向けていざ出発!
いや確かに遠い、なんせ 房総半島のほぼ先端の館山市、
でも洞窟の中にあるお風呂、
楽しみと3人でウキウキしながら車を走らせ何とか目的地へ 到着。

期待通り「あった洞窟!」
洞窟の中を3人で歩きながら、
「この洞窟の中にお風呂が!」と想像を膨らませ、
ひたすら歩 きました。
今度は階段が、きっとこの階段の上にお風呂があるんだ!
と、さらに期待を膨らませ登りきると、

あれ、洞窟 から出てしまった、

おっかしいな〜途中にお風呂はなかったけど、
目の前に脱衣室があり、
きっとこの脱衣室の向側がさらに洞窟なんだ!
と脱衣室で裸になり、
いざ、浴室のドアをあけると内風呂が、
あれ、じゃあ〜露天風呂は洞窟の中か!
と露天風呂へ、あれ、どう見ても、洞窟の中ではない!
まわりを見回しても、どこにも洞窟の入り口が・・・。

お風呂を出た後で、改めてホームページを見てみると

(縄文海泉へと続く洞窟をぬけると神秘的な琥珀色の源泉)

ん〜が〜!

【洞窟をぬけるとお風呂】の文字を見落としていた!

お湯は確かにい〜湯で素晴らしい温泉。

『3万年前の海のエネルギーがたっぷりと溶け込んだ天然のくすり湯』です。




不老山薬師温泉 案内

所在地:千葉県館山市布良600

営業時間 
朝10:00〜夜9:00(最終受付8:00)







温泉愛好会メンバー紹介店舗情報

こちらのホームページに
よく登場する人

温泉みち(一応会長)
パルパル大先生(名誉顧問)
パーシモン大佐(相談役)
ドリバー殿下(特別顧問)
ウル隊長(幹事長)

ほか多数